ベスト ナイン 2019。 【インスタベストナイン2019】あなたの一年をインスタで振り返ってみない?できないときの対処法も紹介

【インスタ】今年もベストナインの季節がやってきました!2019年に人気があった写真を振り返ろう!【最新版】

ベスト ナイン 2019

インスタグラムのベストナインとは? インスタグラムベストナインとは、今年投稿した中で「いいね」が多い画像を自動的に9枚選んで1枚の画像にしてくれるサービス。 必要な情報はアカウント名のみでメールアドレスなどの登録が必要なく、誰でも簡単に作成できちゃうんです!! しかも無料!!! 2019ベストナイン( bestnine)の作成方法 それでは使い方について解説します。 やり方はすっごくシンプル。 へアクセスし、InstagramIDを入力し「GET」をタップします。 サーバーの負荷状態やフォロワー数によって、画像の取得に時間がかかってしまいます。 所要時間は3分〜10分程度。 下記のように出来上がりました。 写真の上と下にいいねの数や投稿数の情報が入っているOriginal。 写真のみがSquare。 自分以外のベストナインも作成できる このサービスはインスタのアカウントで利用できます。 メールアドレス・電話番号などの登録は一切必要ありません! このサービスを利用すれば自分のベストナインだけでなく、芸能人や友人のベストナインを作ることもできるんです! 気になる人や応援している人、見ず知らずの人のインスタグラムベストナインも作れるんですよね。 試しに日本で一番フォロワー数の多い芸能人の渡辺直美さんのアカウントからベストナイン画像を作成。 ベストナインが利用できな場合の対処方法 非公開アカウント(鍵付きアカウント)では表示できない ベストナインはライクの数を元に、インスタ側が集計を行います。 非公開の場合は、カウントができないため、ベストナインを作ることはできません。 ベストナインを作りたいなら、一時的でもいいので非公開を解除する必要があります。 非公開アカウントをオフ 白 にすることで、一時的に非公開アカウントが解除できます。 ベストナインを生成後もう一度鍵をかけることで、アカウントを非公開に戻すことも可能です。 写真の数が足りない ベストナインは9つの写真がないと、しっかりと生成することができません。 写真が8枚以下の場合は、空白の多いベストナイン画像が生成されます。 写真の枚数が足りない時は、9枚になるまでインスタに写真を投稿して、ベストナインの画像を生成してみましょう。 IDが間違っている IDが間違っている場合も、ベストナインの画像が作れなくなります。 IDはインスタからコピーができないため、確認しながら入力する必要があります。 一度、自身の入力したIDに間違いないか確認してみましょう。 不具合はの場合は再ログイン・再インストールをする インスタの不具合は、再ログインを行うことで改善できることが多いです。 ベストナインはアプリから行うわけではありませんが、ログイン情報が邪魔している可能性もあります。 まとめ 『ベストナイン( 2019bestnine)』の類似サービスは多くあるようですが、ダウンロードもメール登録も必要ない、もっともシンプルかつ手軽なサービスが。 ぜひ試してみてください!!!!!!.

次の

投票結果(ベストナイン)

ベスト ナイン 2019

概要 [ ] シーズンで好成績を残した・・・・・・のポジション別に記者によって1名(外野手はポジションに関係なく3人)選出される。 記者投票であるため、1つのポジションで複数の選手が同得票数で最多得票を獲得する場合があり、の二塁手部門ではとが受賞した。 に第1回表彰。 戦後に第2回表彰。 同年より毎年表彰。 の2リーグ分立後は・各リーグで9名が受賞。 パ・リーグの制導入以後、パ・リーグベストナインでは指名打者を含めた10人が受賞している。 までセ・リーグではベストナインの投手がとしても表彰されていた(現在はセ・パ両リーグとも1位投手が表彰されている)。 投票資格を持つ記者は全国の、、各社に所属しており5年以上プロ野球を担当している者。 ポジションごとに推薦する1名の選手名を記入し投票する。 各ポジション最多得票の選手が受賞する。 発表はまでは終了の翌々日。 からはの表彰式であるで発表される。 ではが日本のベストナイン賞に近いと言われている。 当賞で投票資格があるのは各チームの・(自チームの選手には投票できない)で、打者の成績・貢献度をより現場レベルで反映したものとなっている。 2014年にはNPB80周年記念特別企画として、が発表された。 複数ポジションでの受賞 [ ] 1人の選手が複数のポジションに投票されることもあり、にはが二塁手と三塁手で得票数1位となっている。 このときは得票数の多かった二塁手部門のみでの受賞となり三塁手部門では次点のが受賞となっている。 以降、野手が複数ポジションで最多得票だった場合は得票数の多い方でのみ選出され、もう一方のポジションは次点の選手が繰り上がる。 パ・リーグの指名打者制導入以降は、野手は各ポジションと指名打者での重複投票が認められ、同時選出が可能になった。 、投手のが指名打者としても顕著な活躍を示したことで物議を醸し、投手も重複投票が認められるようになり 、大谷はNPB史上初となるベストナイン賞とベストDH賞を同時受賞した。 歴代受賞者 [ ] 1リーグ時代 [ ] 年 投手 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手 1940 () () (巨人) () (巨人) () () (阪急) (巨人) 1947 () () (巨人) (大阪) () () (大阪) () 1948 別所昭 (南海) (巨人) () (南海) (巨人) (大阪) 1949 (巨人) () 大下弘 (東急) セントラル・リーグ [ ] 年 投手 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手 1950 () (松竹) () () () () (巨人) (松竹) (松竹) 1951 (巨人) () (巨人) (巨人 (大阪) 1952 西澤道夫 (中日) (名古屋) (巨人) (巨人) 1953 (巨人) (巨人) 川上哲治 (巨人) (大阪) 金田正泰 (大阪) 1954 (中日) 西沢道夫 (中日) () (国鉄) (巨人) 杉山悟 (中日) (大阪) 1955 別所毅彦 (巨人) 川上哲治 (巨人) (中日) (中日) (大阪) (国鉄) 1956 (巨人) 青田昇 () (大阪) 1957 (国鉄) (大阪) 1958 (巨人) (中日) 1959 (巨人) (大阪) (巨人) (広島) (巨人) 1960 (大洋) (大洋) (大洋) 井上登 (中日) (中日) (大阪) 1961 (中日) (巨人) 藤本勝巳 () 土屋正孝 (国鉄) (中日) (中日) 近藤和彦 (大洋) (広島) 1962 (阪神) (巨人) (広島) 吉田義男 (阪神) 並木輝男 (阪神) 1963 金田正一 (国鉄) (中日) (広島) 江藤愼一 (中日) (阪神) 1964 (阪神) 吉田義男 (阪神) (大洋) 1965 村山実 (阪神) (中日) 1966 (中日) (広島) 1967 (中日) (阪神) 近藤和彦 (大洋) (巨人) 1968 (阪神) (巨人) (巨人) 江藤愼一 (中日) () (広島) 1969 (巨人) (中日) 藤田平 (阪神) (巨人) D. ロバーツ () (広島) 1970 (大洋) (阪神) (大洋) 中暁生 (中日) 1971 (広島) 柴田勲 (巨人) (広島) 1972 (巨人) (阪神) (大洋) (広島) () 1973 高橋一三 (巨人) 藤田平 (阪神) 江尻亮 (大洋) 1974 堀内恒夫 (巨人) 高木守道 (中日) (中日) (巨人) 1975 (広島) (広島) (広島) 三村敏之 (広島) (中日) (広島) (ヤクルト) 1976 (広島) (巨人) (阪神) (巨人) (中日) 若松勉 (ヤクルト) 1977 (巨人) 木俣達彦 (中日) 高木守道 (中日) (巨人) 山本浩二 (広島) 1978 (巨人) (ヤクルト) (ヤクルト) (広島) (ヤクルト) 1979 小林繁 (阪神) 木俣達彦 (中日) (大洋) (阪神) 1980 (巨人) 大矢明彦 (ヤクルト) 谷沢健一 (中日) (大洋) 衣笠祥雄 (広島) (ヤクルト) 1981 (巨人) 藤田平 (阪神) (巨人) 掛布雅之 (阪神) (大洋) (中日) (広島) 1982 (広島) (中日) 谷沢健一 (中日) (中日) (大洋) 1983 (大洋) 山倉和博 (巨人) (阪神) (巨人) 高橋慶彦 (広島) (巨人) 1984 (広島) (広島) 篠塚利夫 (巨人) 衣笠祥雄 (広島) 宇野勝 (中日) (広島) 若松勉 (ヤクルト) 1985 (中日) (ヤクルト) (阪神) (阪神) 掛布雅之 (阪神) (大洋) (ヤクルト) 真弓明信 (阪神) 1986 北別府学 (広島) 達川光男 (広島) 篠塚利夫 (巨人) (ヤクルト) 高橋慶彦 (広島) (巨人) 山本浩二 (広島) (巨人) 1987 (巨人) 山倉和博 (巨人) 原辰徳 (巨人) 宇野勝 (中日) (大洋) 1988 (中日) 達川光男 (広島) (中日) (広島) (ヤクルト (大洋) (ヤクルト) 1989 (巨人) 中尾孝義 (巨人) (ヤクルト) 落合博満 (中日) W. クロマティ (巨人) (中日) (大洋) 1990 (巨人) 落合博満 (中日) 高木豊 (大洋) (中日) J. パチョレック (大洋) 原辰徳 (巨人) 広沢克己 (ヤクルト) 1991 (広島) (ヤクルト) 山崎隆造 (広島) (広島) (大洋) 1992 斎藤雅樹 (巨人) J. パチョレック (阪神) (阪神) (ヤクルト) 池山隆寛 (ヤクルト) (ヤクルト) (広島) (大洋) 1993 (中日) 広沢克己 (ヤクルト) () (広島) (中日) (阪神) 1994 (中日) (広島) (中日) 和田豊 (阪神) (巨人) (横浜) 1995 斎藤雅樹 (巨人) 古田敦也 (ヤクルト) (ヤクルト) R. ローズ (横浜) 野村謙二郎 (広島) (広島) (巨人) 1996 西山秀二 (広島) (広島) (中日) (中日) 1997 (中日) 古田敦也 (ヤクルト) R. ローズ (横浜) (中日) (横浜) (横浜) (ヤクルト) 1998 (横浜) (横浜) (横浜) 江藤智 (広島) 前田智徳 (広島) 1999 (巨人) 古田敦也 (ヤクルト) (ヤクルト) L. ゴメス (中日) (中日) (巨人) 2000 (巨人) 江藤智 (巨人) 金本知憲 (広島) 新庄剛志 (阪神) 2001 (ヤクルト) (広島) (ヤクルト) 2002 上原浩治 (巨人) (巨人) (阪神) (ヤクルト) (中日) (巨人) (中日) 2003 (阪神) (阪神) (阪神) (ヤクルト) (巨人) (阪神) (ヤクルト) 2004 (中日) 古田敦也 (ヤクルト) (横浜) (中日) (広島) 立浪和義 (中日) 井端弘和 (中日) (広島) (巨人) 金本知憲 (阪神) 2005 (広島) 矢野輝弘 (阪神) (広島) 荒木雅博 (中日) 今岡誠 (阪神) 赤星憲広 (阪神) (ヤクルト 2006 川上憲伸 (中日) T・ウッズ (中日) 岩村明憲 (ヤクルト) 福留孝介 (中日) 2007 (巨人) 阿部慎之助 (巨人) (ヤクルト) (巨人) (ヤクルト) 高橋由伸 (巨人) 2008 (巨人) (横浜) (広島) (横浜) (阪神) A. ラミレス (巨人) 金本知憲 (阪神) 2009 (巨人) (中日) 小笠原道大 (巨人) (巨人) 内川聖一 (横浜) 2010 (広島) (阪神) (阪神) (中日) 鳥谷敬 (阪神) (阪神) (中日) 2011 (中日) (広島) (ヤクルト) (巨人) 2012 (巨人) T. ブランコ (中日) () 田中浩康 (ヤクルト) 村田修一 (巨人) 坂本勇人 (巨人) (ヤクルト) (中日 2013 前田健太 (広島) (阪神) 鳥谷敬 (阪神) M. マートン (阪神) 2014 (巨人) (阪神) (ヤクルト) (中日) (広島) (ヤクルト) 2015 前田健太 (広島) (ヤクルト) (ヤクルト) (ヤクルト) (DeNA) 福留孝介 (阪神) (中日) 2016 (広島) (広島) 新井貴浩 (広島) 村田修一 (巨人) 坂本勇人 (巨人) (広島) 丸佳浩 (広島) (巨人) 2017 菅野智之 (巨人) (広島) (DeNA) (広島) (DeNA) (広島) 2018 (中日) 山田哲人 (ヤクルト) 坂本勇人 (巨人) (DeNA) 2019 (巨人) (中日) パシフィック・リーグ [ ] 指名打者制導入以前 年 投手 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手 1950 () (毎日) () (毎日) () (南海) () () () (毎日) 1951 (南海) (南海) (南海) 1952 (南海) (南海) 1953 (西鉄) (南海) (西鉄) (南海) 1954 (西鉄) (毎日) (阪急) (南海) (阪急) (西鉄) (毎日) 1955 (南海) (南海) 岡本伊三美 (南海) 木塚忠助 (南海) 飯田徳治 (南海) (阪急) 1956 (阪急) (南海) (毎日) () (西鉄) 杉山光平 (南海) 1957 (西鉄) (阪急) 岡本伊三美 (南海) 大下弘 (西鉄) () 1958 (東映) (阪急) (毎日) 杉山光平 (南海) 関口清治 (西鉄) 1959 (南海) 榎本喜八 () (東京) 岡本伊三美 (南海) 葛城隆雄 (大毎) 豊田泰光 (西鉄) (西鉄) (大毎) 1960 (大毎) (西鉄) () (大毎) (東映) 1961 稲尾和久 (西鉄) (南海) 中西太 (西鉄) 1962 (近鉄) 小玉明利 (近鉄) (東映) 1963 (南海) (南海) 1964 (南海) (阪急) 高倉照幸 (西鉄) 1965 (東映) (近鉄) (南海) 1966 (西鉄) 榎本喜八 (東京) (南海) (西鉄) 高倉照幸 (西鉄) 毒島章一 (東映) 1967 (阪急) (東映) (南海) (阪急) (東映) (近鉄) (阪急) 1968 (南海) 榎本喜八 (東京) 国貞泰汎 (南海) (阪急) (東京) 1969 (近鉄) (阪急) 大杉勝男 (東映) () (ロッテ) 長池徳二 (阪急) (近鉄) 1970 (ロッテ) 野村克也 (南海) G. アルトマン (ロッテ) 1971 (阪急) (南海) 1972 (西鉄) (阪急) 張本勲 (東映) (日拓) () (阪急) 1973 (ロッテ) (阪急) (南海) 1974 (ロッテ) (ロッテ) (近鉄) 山崎裕之 (ロッテ) () 指名打者制導入以降 年 投手 捕手 一塁手 二塁手 三塁手 遊撃手 外野手 指名打者 1975 鈴木啓示 (近鉄) 野村克也 (南海) 加藤秀司 (阪急) (阪急) (ロッテ) 大橋穣 (阪急) (近鉄) (太平洋) (ロッテ) 長池徳二 (阪急) 1976 山田久志 (阪急) (太平洋) (南海) 門田博光 (南海) 福本豊 (阪急) (太平洋) 1977 (日本ハム) B. マルカーノ (阪急) 有藤道世 (ロッテ) (近鉄) (ロッテ) (阪急) 1978 鈴木啓示 (近鉄) (阪急) (日本ハム) (阪急) () 佐々木恭介 (近鉄) (阪急) 土井正博 (クラウン) 1979 山田久志 (阪急) (近鉄) (阪急) 石渡茂 (近鉄) (南海) (近鉄) (近鉄) 1980 (日本ハム) (ロッテ) 山崎裕之 (西武) 有藤道世 (ロッテ) (日本ハム) L. リー (ロッテ) 1981 (ロッテ) 柏原純一 (日本ハム) (ロッテ) () (日本ハム) (西武) 門田博光 (南海) 1982 (日本ハム) 中沢伸二 (阪急) (西武) 新井宏昌 (南海) 栗橋茂 (近鉄) (日本ハム) 1983 (西武) (南海) 落合博満 (ロッテ) (近鉄) 島田誠 (日本ハム) テリー. W (西武) 簑田浩二 (阪急) 門田博光 (南海) 1984 (阪急) (阪急) (阪急) 落合博満 (ロッテ) (阪急) (ロッテ) (日本ハム) L. リー (ロッテ) 1985 東尾修 (西武) (西武) (近鉄) (ロッテ) 石毛宏典 (西武) (西武) (阪急) (ロッテ) 1986 (西武) ブーマー. W (阪急) (西武) (西武) 新井宏昌 (近鉄) (阪急) 1987 (西武) (日本ハム) 石毛宏典 (西武) (ロッテ) (日本ハム) 1988 (日本ハム) (西武) (阪急) (阪急) (オリックス) (日本ハム) 高沢秀昭 (ロッテ) (西武) 門田博光 (南海) (オリックス) 1989 (近鉄) (近鉄) ブーマー. W () 辻発彦 (西武) (西武) (オリックス) (近鉄) 1990 (近鉄) 伊東勤 (西武) 清原和博 (西武) (近鉄) 田中幸雄 (日本ハム) 石嶺和彦 (オリックス) 西村徳文 (ロッテ) (西武) 1991 (西武) (近鉄) 辻発彦 (西武) (オリックス) () (西武) (ロッテ) 1992 (西武) 清原和博 (西武) 石毛宏典 (西武) 田辺徳雄 (西武) (オリックス) 1993 工藤公康 (西武) (日本ハム) (近鉄) (日本ハム) 藤井康雄 (オリックス) R. ブライアント (近鉄) 1994 (ロッテ) (ダイエー) 福良淳一 (オリックス) 松永浩美 (ダイエー) (オリックス) (ダイエー) 1995 (オリックス) (ロッテ) (ダイエー) (ロッテ) 田中幸雄 (日本ハム) (西武) (オリックス) 1996 (ロッテ) 吉永幸一郎 (ダイエー) (日本ハム) (オリックス) (近鉄) (オリックス) (ダイエー) 1997 (西武) 伊東勤 (西武) (近鉄) 小久保裕紀 (ダイエー) (西武) (西武) 佐々木誠 (西武) (近鉄) (西武) 1998 J. フランコ (ロッテ) 片岡篤史 (日本ハム) (近鉄) (ダイエー) (日本ハム) 1999 (西武) (ダイエー) (日本ハム) (日本ハム) 中村紀洋 (近鉄) (オリックス) T. ローズ (近鉄) P. クラーク (近鉄) 2000 (ダイエー) 大島公一 (オリックス) 柴原洋 (ダイエー) (日本ハム) N. ウィルソン (日本ハム) 2001 小笠原道大 (日本ハム) (ダイエー) T. ローズ (近鉄) 谷佳知 (オリックス) (近鉄) (ロッテ) 2002 (近鉄) 伊東勤 (西武) (西武) (西武) (西武) (西武) 2003 (ダイエー) 城島健司 (ダイエー) () 松中信彦 (ダイエー) 井口資仁 (ダイエー) 小笠原道大 (日本ハム) 和田一浩 (西武) A. カブレラ (西武) 2004 (近鉄) (ダイエー) (日本ハム) (日本ハム) 2005 (ソフトバンク) (ソフトバンク) (ロッテ) (ロッテ) (ロッテ) (ロッテ) (ソフトバンク) 松中信彦 (ソフトバンク) 2006 斉藤和巳 (ソフトバンク) (ロッテ) 小笠原道大 (日本ハム) (日本ハム) () 川﨑宗則 (ソフトバンク) 松中信彦 (ソフトバンク) (日本ハム) F. セギノール (日本ハム) 2007 (日本ハム) A. カブレラ (西武) () (ロッテ) (ソフトバンク) (日本ハム) (楽天) 2008 岩隈久志 (楽天) (西武) (西武) (西武) (西武) (楽天) (西武) T. ローズ (オリックス) 2009 ダルビッシュ有 (日本ハム) (ソフトバンク) (日本ハム) 田中賢介 (日本ハム) (日本ハム) (楽天) 山﨑武司 (楽天) 2010 (ソフトバンク) (楽天) A. カブレラ (オリックス) (日本ハム) 西岡剛 (ロッテ) (ソフトバンク) (オリックス) 栗山巧 (西武) (ロッテ) 2011 (楽天) 細川亨 (ソフトバンク) 小久保裕紀 (ソフトバンク) (ソフトバンク) 中村剛也 (西武) 中島裕之 (西武) 糸井嘉男 (日本ハム) 内川聖一 (ソフトバンク) J. フェルナンデス (西武) 2012 (日本ハム) (日本ハム) (オリックス) 田中賢介 (日本ハム) (ロッテ) (ソフトバンク) 2013 田中将大 (楽天) 嶋基宏 (楽天) (西武) (楽天) (楽天) (ロッテ) (ソフトバンク) (日本ハム) (日本ハム) 2014 (オリックス) (オリックス) (西武) (楽天) (ソフトバンク) 糸井嘉男 (オリックス) (ソフトバンク) 中村剛也 (西武) 2015 (日本ハム) (西武) 中田翔 (日本ハム) 田中賢介 (日本ハム) 中村剛也 (西武) (日本ハム) (西武) (ロッテ) 李大浩 (ソフトバンク) 2016 (ロッテ) 浅村栄斗 (西武) (楽天) (日本ハム) 鈴木大地 (ロッテ) 糸井嘉男 (オリックス) 角中勝也 (ロッテ) (日本ハム) 大谷翔平 (日本ハム) 2017 (西武) (ソフトバンク) 銀次 (楽天) (楽天) 今宮健太 (ソフトバンク) 秋山翔吾 (西武) 柳田悠岐 (ソフトバンク) (ソフトバンク) 2018 (西武) (西武) (ソフトバンク) (西武) (オリックス) (日本ハム) 2019 (ソフトバンク) 中村剛也 (西武) (ロッテ) A. デスパイネ (ソフトバンク) ベストナインに関する主な記録 [ ] 最多回数選出者 19回(1956年 - 1968年、1970年 - 1973年、1975年・1976年、いずれも捕手) 最多連続年数選出者 18年連続18回(1962年 - 1979年、いずれも一塁手) 最多ポジション選出者 3ポジション(遊撃手・二塁手・外野手としてそれぞれ各1回) 3ポジション(一塁手として4回、二塁手として2回、三塁手として4回) 3ポジション(一塁手として3回、指名打者として1回、外野手として1回) 選出時の所属球団最多記録(移籍のみ。 球団売却による所属球団変更を除く。 ) 3球団でベストナイン受賞、合計7回(大阪近鉄バファローズで5回、読売ジャイアンツで1回、オリックス・バファローズで1回) 現役在籍全年度選出者 17年連続17回(1958年入団 - 1974年引退、いずれも三塁手) 最多同時ポジション選出者 1回(2016年・投手とDHで同時受賞) 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

【インスタ】今年 “イイね” されまくった投稿は?「bestnine2019(ベストナイン2019)」をやってみよう

ベスト ナイン 2019

全弾をミキサーすることは出来ず、弾ごとにミキサーしていく形式になります。 排出されるのも、その弾の選手からになります。 ミキサーは、 ノーマルとセレクトが登場しています!ノーマルが 3人でランダム1人獲得、セレクトが 6人で第1弾の中から1人選ぶことが出来ます。 ノーマルミキサー B9&TH選手3人消費:ランダムでB9&TH選手が貰える セレクトミキサー B9&TH選手6人消費:B9&TH選手を任意で1人選ぶことが出来る 対決カーニバルでB9&TH契約書が登場 B9&TH第1弾と並行して開催されている、 イベント「対決カーニバル」の報酬に、 「SランクB9&TH契約書 第1弾 」が含まれています。 累計対決ptが140000に達すると、受け取ることができ、B9&TH第1弾のSランク選手を1人獲得することが出来ます。 Sランク選手を獲得出来るのは大きいので、是非獲得しておきたい契約書になります。 ショートの守備もBと優秀で、 肩力もAと高めです。 特殊能力は、 超パワーヒッターや広角打法・改など強い特殊能力が揃っています。 自操作やリアタイ、長打がほしい イベントなどでも活躍出来る選手なので、持っていると重宝する選手だと思います。 通常の契約書やガチャよりも、 高確率で狙いの選手を引けるため無課金ユーザーも引く価値があります! ガチャ自体も各弾に3回の確定があるのも大きいです! 3弾すべて引くには消費エナジーが多すぎるので、 無課金の方は引く弾を絞っていくのがオススメですね。 2019年の ベストナイン&タイトルホルダー選手が確定しました! 昨年までの傾向では ポスティングやFAによって国内外の球団に移籍が決まった選手は登場していません。

次の