ゆうちょ 銀行 株価。 ゆうちょ銀行 (7182) : 株価/予想・目標株価 [JAPAN POST BANK]

ゆうちょ銀行(ゆうちょ銀)【7182】の日々株価(日足)|時系列データ|株探(かぶたん)

ゆうちょ 銀行 株価

ゆうちょ銀行は、今は昔のこととなってしまったアベノミクス相場において、日本郵政、それからかんぽ生命との三社上場によって名を馳せた高配当株で、日本株式市場を代表する銘柄の一つだ。 ゆうちょ銀行は上場した当初から配当利回りが高い、いわゆる高配当株で、多くの人々が配当金目的でゆうちょ銀行の株を買ったのだ。 その頃のゆうちょ銀行の配当利回りは3%前後で推移していたと記憶しているのだが、最近ではゆうちょ銀行の配当利回りは超高配当株と呼んでもいい水準の5%以上にまで上昇してしまっている。 というのも、最近ゆうちょ銀行株の株価は暴落しっぱなしだからだ。 いったいなぜ、ゆうちょ銀行の株価が大暴落しているかというと、コロナショックの影響ももちろんあるのだが、ゆうちょ銀行の業績が振るわないからだ。 しかも、かんぽ生命の不正販売問題により郵政グループの信頼は地に落ちてしまっているので、その影響もあってゆうちょ銀行の株価は下落圧力にさらされている。 さらに、ゆうちょ銀行のメイン収益は保有する莫大な資産の運用によって得られているものなのだが、国債の利回りが信じられないほど低下し、さらには最近保有割合を増やしている外国証券の値動きが不安定なので、今後さらに業績が悪化する可能性があるだろう。 前回2月の決算は個人的にはそこまで悪くはなかったように思うのだが、今回のコロナショックは想定外すぎるだろうね、ゆうちょ銀行にとって。 ゆうちょ銀行の配当金維持について 先日、日本を代表する生命保険会社である日本生命が、業績が劇的に悪化する可能性があると発表していたが、その理由は資産運用収入の減少によるものだ。 その業績の悪化具合はすさまじく、2200億円を超える利益を予測していたのが、9割も利益が減少してしまい200億円以下まで低下したのだ。 これは、投資対象は同じではないかもしれないが、同じような利益構造を持つゆうちょ銀行にとっても対岸の火事ではなく、ほぼ間違いなく資産運用による収益は減少するように思う。 そうなった場合、ゆうちょ銀行の今現在の配当利回りも当然のことながら保障されなくなってしまう。 なので、今後ゆうちょ銀行の業績が悪化し、配当金が減額されてしまうと配当利回りも下がる可能性が高い。 ゆうちょ銀行の配当利回りは今現在は非常に高いのだが、その点はきちんと考慮して投資をするべきだろうね、今は。 コロナショックで金融株が暴落する理由 今回のコロナショックでは、一時期NY株式市場でサーキットブレーカーが連日連夜発動するなどまさに異常事態といえる状況だったわけなのだが、金融株はこういった金融ショック的な局面においてはきわめて脆弱な動きを見せる。 というのも、金融市場がパニックになると必然的に株価が暴落し、さらには債券の利回りも低下するため、それらの資産に投資をしている金融機関は業績が悪化するようになっているのだ。 それは、第一生命が発表していた利益予測でも明らかなところであり、金融機関であれば避けられないところなので、銀行、保険、証券と、金融株はもれなく暴落してしまっているのだ。 そのため、今後コロナショックが収束しない限りは金融株の低迷は続く可能性が高い。 また、今回金融株にとって最も致命的なのが、コロナショックが単なる金融相場の混乱だけには収まらず、実体経済にモロに影響を与えているという点だ。 銀行などは企業に融資をしているので、当然のことながら倒産が相次げば利益は減少してしまうし、さらには証券会社も投資する人が減ったり、投資先がダメになったりして損失を計上することが多くなる。 そのため、今後この騒動が長期化した場合は体力のない金融機関は破綻していく可能性があるのではないかと考えている。 もちろん、そんなことにはならなければいいのだが、実体経済がストップしている現状を考えると、そういったリスクも頭の中に入れておかないといけないんだろうね。

次の

ゆうちょ銀行の予想株価1,400円、PERは割高でPBRは割安で悩ましい・・・

ゆうちょ 銀行 株価

PTSマーケット情報はジャパンネクスト証券株式会社から情報提供を受けています。 PTSマーケット情報に関する知的財産権はジャパンネクスト証券株式会社に帰属します。 技術的不可避な理由によってPTSマーケット情報伝達の遅延や中断が生じたり、ジャパンネクスト証券株式会社の事由によりマーケット情報の変更がある可能性があります。 当社およびジャパンネクスト証券株式会社は、PTSマーケット情報の正確性及び信頼性を保証するものではありません。 また、この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切の責任を負いません。 掲載するPTSマーケット情報は閲覧者自身のみ利用するものとし、第三者に提供することを禁じます。 PTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報を閲覧している端末機以外の媒体への転載を禁ずるとともに、PTSマーケット情報の蓄積、編集及び加工等、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 当社のウェブサイトにおいて掲載するPTSマーケット情報及びその編集もしくは加工情報は、参考情報であり、投資等の勧誘を目的にしたものではなく、いかなる有価証券の価値を保証するものではありません。 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の

日本郵政がゆうちょ銀株で巨額減損リスク、過去最大の2兆9000億円規模

ゆうちょ 銀行 株価

スポンサーリンク 配当性向が高すぎて減配の可能性あり この手の銀行株には「配当金を期待」している方が多いかと思います。 配当狙いの人はゆうちょ銀行の株は買わない方がいいです。 ここ数年日本でも重要視されている指数で、投資の本場アメリカでは昔から重要視されていました。 ゆうちょ銀行はこのROE、ROAが銀行株だけでなく、全体的に見てもかなり低いので「企業としてどうなの?」という評価になってしまいますね。 また、将来性に関してもフィンテックの流れについていけていないですね。 どうやったらゆうちょ銀行の株価が今後上がるのか、イメージがつきにくいです。 ゆうちょ銀行(7182)株価情報 いろいろ指数などチェックしていきましょう。 スポンサーリンク ゆうちょ銀行の株価 株価:1,075 PER:15. 14倍 PBR:0. 35倍 配当金:50円 配当利回り:4. ゆうちょ銀行の事業内容 参照: 預貯金額で国内最大。 国債主体の運用を近年多様化。 営業は郵便局に委託。 ちなみにゆうちょ銀行の貯金残高は「180兆円」らしいです。 笑 みなさん、貯金じゃなくて投資しましょう。。。 ゆうちょ銀行は国債を運用したり、為替の手数料で稼いでいます。 参照: セブン銀行(8410)はATMに強みがありますが、ゆうちょ銀行はATMで稼ぐビジネスモデルではありません。 ゆうちょ銀行は2015年に上場していますが、最近まさかの「上場来安値」をつけてしまいました。 ゆうちょ銀行の株価は上がらないどころか、かなり下落していますね。 ゆうちょ銀行の経常利益の推移 業績は微妙。 2016年:4819 億円 2017年:4420 億円 2018年:4996 億円 2019年:3739 億円 2020年:3750 億円(会社予想) じわじわ利益は下がっており、かなり微妙な状況です。 ゆうちょ銀行の財務状況 自己資本比率:5. 00円 財務状況は問題なし。 銀行株なので、財務は問題ないですね。 まとめ ゆうちょ銀行株は今は買いではない。 今後のビジョンが明確になるまでは他の銘柄を買ったほうが良いですね。 そうはいっても巨大企業なので倒産することはないでしょうけれど、優位性も特にないです。 ゆうちょ銀行は「減配」という爆弾をかかえています。 減配になれば間違いなくゆうちょ銀行の株価は下落するので配当目的であれば他の高配当銘柄をおすすめします。

次の