ジェミニ マン 映画。 ジェミニマン (映画)

ジェミニマン【映画】結末ネタバレ考察!タイトルの意味や吹き替え声優も紹介!

ジェミニ マン 映画

(以下THR)によると、ウィル・スミスとウィル・スミスが対決するスリラー大作映画は、北米で2050万ドル(約22億2500万円)を下回るオープニング週末興行成績で幕開けした後に中国で公開されることになった。 悲しいかな『ジェミニマン』は、先週末に中国でわずか2100万ドル(約23億円)のオープニング週末興行収益しか上げることができず、北米の収益も2週目で60パーセント下落した。 北米と中国という世界で最大となる映画市場で受け入れられなかったため、最悪の事態を予想する時がきたようだ。 全公開地域が追加されても、現時点で『ジェミニマン』の興行収益は約1億1800万ドル(約128億円)。 同作の制作費は1億4000万ドル(約152億円)だといわれており、マーケティング費用として少なくとも1億ドル(約109億円)が追加される。 この映画は、主人公のヒットマンが若い自分のクローンと対決するというストーリーで、スミスと闘うために若い俳優を雇う代わりに、51歳のスミスの年齢を半分に見せるために大々的に視覚特殊効果が使用されている。 確かに時代は変わった。 以前は俳優の存在が大きかったが、今ではすでに人気が確立されたキャラクターとフランチャイズが大金を稼ぎ出しているからだ。 毎年スミスは、『アイ,ロボット』(2004年)や『最後の恋のはじめ方』(2005年)、『幸せのちから』(2006年)、『アイ・アム・レジェンド』(2007年)、『ハンコック』(2008年)など新作映画を公開し、大ヒットを放ってきた。 その後にスミスは4年間の休暇を取り、2012年に彼にとって最大のヒットの一つとなった『メン・イン・ブラック3』で戻って来た。 しかし、スーパーヒーロー映画やリメイク作品が映画館に溢れていたため、伝説の映画スターにとってもヒット作を生み出すのは容易ではなかった。 『アフター・アース』と『フォーカス』、『コンカッション』、『素晴らしきかな、人生』も『ジェミニマン』のように芳しくないレビューを受け取った後に興行収益で残念な結果を出して終わった。 スミスの他の劇場公開作は、人気キャラクターが中心となる『スーサイド・スクワッド』と実写映画版『アラジン』で、この2作が7年前に公開された『メン・イン・ブラック3』以来となる大ヒット作だが、両作ともに批評家の評価は低かった。 THRの記事によると、スミスは今でも映画1本につき出演料2000万ドル(約22億円)を手にしているという。 『アラジン』の出演料は1250万ドル(約13億5700万円)だったが、10億ドル(約1100億円)映画のバックエンド利益を得たことで、出演料が2000万ドルを超えたとのことだ。 Netflixの映画『ブライト』では、2000万ドルの出演料と配信後に生まれるだろう利益込みで2700万ドル(約30億円)を受け取ったという。 同作の配信後にNetflixの定期契約者が増えたことで、予定されている続編ではさらに出演料が増えるものと見られている。 『ブライト』の続編の他に、『King Richard(原題)』でスミスはプロテニス選手のビーナス&セリーナ・ウィリアムスの父親役を演じ、ワーナー・ブラザース製作による同作で再び2000万ドルの出演料を受け取ると報じられている。 もっと『ジェミニマン』について知りたいという人は、も読んでみてほしい。

次の

「ジェミニマン」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

ジェミニ マン 映画

果たして、巨大な陰謀に巻き込まれたふたりには一体どんな展開が待ち受けているのか……!? ハリウッドを代表するスター俳優として輝かしいキャリアを誇るウィルにとっても、若き日の自分自身と対面するのは新体験であり、「こんな映画は見たことはないはずだよ。 CGのレベルが本当に凄く、リアルな顔を作れるから、こんなことが可能になったんだ。 最大の敵を作るのは自分自身であり、最も困難で、最も辛いことは、自分の中にある種が生み出す。 そのコンセプトが、僕はとても好きだ。 初めて目にしたときは変な感じだったよ。 全部自分だったから。 驚異的な映画に仕上がっている。 これまで1度も見たことがないウィル・スミスを2度見られる! 2人のウィル・スミスが登場する『ジェミニマン』。 1人は現在のウィル、もう1人は現在のウィルを殺すために送り込まれた23歳の暗殺者。 若いウィルの肉体を一から完全に作り上げた高いデジタル技術と、ジェリー・ブラッカイマーが「ひとつ映画に出るごとに、前よりもいい演技を見せてきたウィルが、キャリア最高の演技を見せるのが今作。 なにせ、一人二役なんだからね。 オスカーに値する演技だよ」と称賛するウィルの驚異的な演技力により、かつてないクオリティでシームレスな接戦シーンが実現。 アン・リー監督も「これは革命的テクノロジーの問題であるのと同時に、演技の挑戦でもあった。 それをウィルは受けて立ってみせたんだよ」と満足げに語っている。 ジュニアの涙も、ウィル・スミス本人の涙 デジタル加工で、俳優の年齢を上下して見せることはもう珍しくない時代となっているなか、アン・リー監督が「ウィルを若く見せているのではない。 今作で僕らは、若いウィルを何もないところから作ったんだ」と豪語するように、これまでの若返り技術の仕組みを一変させている本作。 流す涙も、繰り出すパンチも、その全てがウィル自身の演技によるものだ。 だが、ウィルは「今作の凄いところは、若い僕(ジュニア)が僕じゃないところなんだ。 僕の演技を使っているし、僕の肌のしわを伸ばしたわけではない。 WETAのテクノロジーが創りだしたんだ。 彼らはこれまでにないことをやっているんだ」と振り返っている。 常に進化を追求し「完全にフィクションの設定であるこの作品を、とても美しく見せたかった。 そのためにはるばるコロンビアまで行ったんだ。 デジタルシネマの鮮明な美しさを発見するのが、今回の僕の使命だったのさ。 リサーチも、試行錯誤も、たくさん必要だったよ。 これはエキサイティングな新しい領域だ」と自信を見せる。 そんな作品でメガホンを取るという、とてつもない挑戦についてアン・リー監督も、「家にいてテレビのスクリーンやiPhoneで何かを見るのではなく、わざわざ映画館に行こうと観客に思ってもらう手段であり、観客に特別な体験を与えるものだ。 僕はそう信じる。 だから、トライし続けるんだ」と意義を明かしている。 騙し無しのリアルな演技に注目 俳優の顔の血管の動きまで見えるような高性能のカメラを使って撮影された本作では、従来通りのメイクアップを流用することはできない。 そのため、メイクアップチームは表情の機微を捉えるための新たなメイクアップ技術を開発。 アン・リー監督は「テクノノロジーと聞くと、爆発やモンスターを想像しがちだが、これはそうじゃない。 最高の芸術的センスと腕が必要とされることで、数多くのアーティストが試行錯誤をして作り上げた。 それでもまだ僕は「観客はリアルだと感じてくれるだろうか」と考えるし、それだけ難しいんだ」と感謝と共に、究極の映像制作を追求し続けながら本作を創り上げたことを明かしている。 2人のウィル・スミスが登場する『ジェミニマン』。 迫力あるアクションシーンを体感するべくぜひ映画館へ! 『ジェミニマン』本予告.

次の

『ジェミニマン』アン・リー監督インタビュー:未来の映画では、俳優がCGキャラクターに取って変わられないのか?

ジェミニ マン 映画

解説 ウィル・スミスが現在の自分と若い自分の2役を演じ、「ブロークバック・マウンテン」「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」の名匠アン・リーがメガホンをとった近未来アクション。 史上最強とうたわれるスナイパーのヘンリーは政府に依頼されたミッションを遂行中、何者かに襲撃される。 自分の動きをすべて把握し、神出鬼没な謎の襲撃者の正体は、秘密裏に作られた若い頃のヘンリーのクローンだった。 その衝撃の事実を知ったヘンリーは、アメリカ国防情報局の捜査官ダニーの協力を得ながら、政府を巻き込む巨大な陰謀の渦中へと身を投じていく。 主演のスミスは現在のヘンリーのほか、クローンである若いヘンリーも演じ、クローンのヘンリーは最新のデジタル技術によってスミスの外見を若返らせている。 ダニー役はメアリー・エリザベス・ウィンスレット。 製作に「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマー。 2019年製作/117分/G/アメリカ 原題:Gemini Man 配給:東和ピクチャーズ スタッフ・キャスト 本作は90年代後半から企画が俎上に上りながら、「技術的に映像化はムリ」と幾度も断念されてきた一作だ。 監督としてトニー・スコットやカーティス・ハンソンが携わった時期もあり、そう考えると確かにどこか当時のトニーっぽさ(組織に追われる主人公、ライバルとの激突、そこからの逆転)も感じる。 スコットもハンソンも既にこの世にいないが、その企画がまさかアン・リー監督の下でようやく実ろうとは、これら経緯を知る者としてちょっと感慨深いものがある。 今となってはクローンという発想そのものがSF題材として色あせ、また俳優陣はいい演技をしているのに、背後の特殊機関の陰謀が説得力に欠ける(これまた90年代っぽい)側面も否めない。 リアルさの求められる現代ではむしろ、不可能を可能としたWETAのCGI技術、3DHFRによる間近でアクションが起こっているような臨場感の方がこの映画の最大の持ち味であり見どころと言えそうだ。 ウィル・スミスvsヤング・ウィル・スミス。 この謳い文句に惹き付けられ、対峙した映画は、特に、デジタル処理の進化に驚かされる。 どう工夫しようが、俳優の顔をデジタルに置き換えた時の奇妙さ、不自然さを感じざるを得なかったこの分野の限界を、軽く超えていたからだ。 物語自体は、ベテラン・スナイパーが彼を否応無く現場に押し戻す陰謀の真相を暴いていくという、少々使い古された内容だが、さりげないビジュアルの進歩は一見に値するもの。 かつて、「グリーン・デスティニー」ではワイヤーワークの限界を超え、「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」では最新鋭の視覚効果と物語の融合を成し遂げた、映画のイノベーター、アン・リーの面目躍如な1作である。 バイクでのチェイスとアクションは見た目に派手だし、若いクローンの顔はパフォーマンスキャプチャーとCGで描かれた点を考えると、活劇の振付と撮影技術の両面で偉業と言える。 だがクローンは自動小銃もあるのに、追い詰めたアーサーをわざわざバイクで倒しに行くのは暗殺者として失格。 人馬一体ならぬ人・単車一体の格闘シーンを見せたいにせよ、観客を納得させる自然な状況を用意してほしかった。 メアリー・エリザベス・ウィンステッドは「ファイナル・デッドコースター」で魅力的な若手が出てきたと喜んだものだが、以降は役にあまり恵まれていない印象。 女優陣が男勝りの大暴れをする「デス・プルーフ in グラインドハウス」にも出演したのに、彼女が居眠りしている間に肝心の活劇は終わってしまうし。 それもあり、今作でアクションも頑張っていたのは嬉しい驚きだ。 ありがちな話だ 観る前は藤子F不二雄の『ひとりぼっちの宇宙戦争』を連想した ちょっと違うのはクローンが主人公よりずっと若いということだ 日本ならそっくりさんを抜擢するだろう アメリカはデジタル技術だ だけど感動もしないし驚きもない 『トータルリコール』(リメイクじゃない方)ような「すげー」という感想はとても無理 今の方が技術が優れているはずなのに クローンが非人間的ではそれこそありがちな設定でマンネリ化を避けたのだろう だからこそ涙も流す だがあっさり仲間になるのは興醒めだ 監督と助演男優が中国系で主演は黒人で一人二役片方はほぼフルCGそしてヒロインはアクションもできる白人 まさしく現代のハリウッド映画 ジュニアがヒロインを脱がせるシーンは下着までだった 刑務所みたいに全裸にして調べるべきではないか 童貞だからか バイクチェイスシーンだけは絶賛したい コロンビアのカルタヘナの街並み建物の色合いが素晴らしい ロケ地にここを選ぶセンスを褒めたい 『ジェミニマン』で良かったのはここだけ 他はいたって平凡で退屈なハリウッド映画だ いやクライマックスが盛り上がりにかけるので平凡にも劣るかもしれない バイクチェイスシーン以外ははっきりいってつまらない 全体を通してみると脚本が酷い コレを観て絶賛した人には申し訳ないが少なくとも僕の好みではない クローンでさえないわけだから感想は人それぞれ違って当たり前 むしろどこの馬の骨かもわからない人たちをあてにする方がおかしい 映画館で観なくて良かった 払えるのは300円までだ 僕は基本的に邦画の方が好きだ だが映画館やDVDや有料放送で洋画を観るなら必ずといっていいほど字幕を選ぶ 震度3以下の地震速報じゃあるまいし字幕が邪魔だと感じたことはない 金曜ロードショーならともかくお金を出して吹き替え版なんて安っぽいものを観たくない チープなのに同じ値段というのもおかしい 『メリーポピンズリターンズ』がそうだったように観たら必ず後悔し口直し的に吹き替え版を観る 外国の役者のオリジナルの声の方がいいに決まっているじゃないか 好きな役者ならなおさら 頭が硬いせいもあるが他人の声なんてコメディーじゃなきゃ耐えられない 菅野美穂は大好きな女優だが今回も吹き替えは避けた 彼女のような本来声優ではない役者の起用が不満なのではない 日本の声優が劇場公開作品やDVDで吹き替えをやること自体が邪魔くさい 山寺さんのようなスター声優も例外ではない 僕はアニメオタクでもないし声オタでもない 声優という仕事をそれほどリスペクトしていない 声当ての仕事ならアニメだけやってろ あと地上波で放送される外国作品もオーケー ああスッキリした• C 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の