ひかり の タクト ドラクエ ウォーク。 【ドラクエウォーク】いやしのかぜの回復量上限となるかいふく魔力が判明【検証結果】

【ドラクエウォーク】ドラゴンロッドとひかりのタクトどっちが強い?検証してみた【DQウォーク】

ひかり の タクト ドラクエ ウォーク

全体回復スキル「いやしのかぜ」の回復量に越えられない壁が存在する! 以前ガチ勢の検証によるいやしのかぜ回復量の計算方法を取り上げましたが、更に検証が進められ、いやしのかぜ回復量に上限が存在することが判明。 かいふく魔力が一定を越えることでいやしのかぜ回復量が上がらなくなるため、知っておいて絶対に損なし! この記事でガチ勢によって検証された「いやしのかぜ回復量のキャップ」について詳しくご紹介シアmす。 いやしのかぜの回復量計算方法 ひかりのタクトやユグドラシルで覚えることができる、全体回復スキル「いやしのかぜ」は、以下の計算方法で回復量を割り出すことができます。 (最後に乱数が影響します) [いやしのかぜ回復量]=[12. 1425] いやしのかぜの回復量の上限が判明 「」の検証により、いやしのかぜ回復量の「上限」が判明しています。 3枚目検証データ いやしのかぜの回復量は回復魔力500で上限になり以降は回復魔力を上げて回復量は上がらない。 同様にベホイミは回復魔力100が下限となる。 回復魔力+装備採用の指標に — みるきぃ MilkyResMys のTweetから参照 回復呪文や回復アイテムはそれぞれ「回復最低値」が設定されているようです。 そこに魔力係数(回復力)が関わり、回復量が決定されます。 いやしのかぜ回復量上限はかいふく魔力500で到達 「」の検証で、 いやしのかぜの回復量はかいふく魔力500で上限に到達することが判明しています。 いやしのかぜを回復のメインとする場合、僧侶のかいふく魔力は500以上必要無いことを覚えておきましょう。 のTweetから参照 ホイミやベホイミには上限無し? 未検証となっていますが、ホイミやベホイミは上限なく回復量が伸び続けているようです。 ベホイミは今後もしばらく使う場面があるので検証結果が気になるところ… 新モンスターのこころでかいふく魔力合計が更新されることがあれば、とんでもないベホイミの回復量が確認できるかもしれませんね…! のTweetから参照.

次の

『DQウォーク』“さとりのつえ”と“ひかりのタクト”を比べてみたら…【電撃DQW日記#341】

ひかり の タクト ドラクエ ウォーク

かいふく魔力の差からユグドラシルのみ、やや低めの回復量となった。 ユグドラシルでも代用可能 やや回復量は劣るものの、いやしの風目当てであれば星4杖のユグドラシルでも代用は可能。 かいふく魔力はさらに下がってしまうが、その他のいやしの風持ち武器でも全体回復はできる。 結論:どっちが強い? 筆者の個人的な結論です。 重視する基準は各プレイヤーによって変わると思うので、ご了承の上ご覧ください。 サポート特化でロッドが便利 ドラゴンロッドの最大の利点は、 僧侶がバイシオンで攻撃力アップサポートができるようになること。 試練の扉など、短いターンで素早く敵を倒す必要のあるクエストで役立つ。 もちろん使い分けは可能 高難易度回復はひかりのタクト 高難易度ではザオラルによる蘇生も含め、ひかりのタクトの方が役立つケースもある。 攻撃面も大きな差はないため、回復に専念するのであれば無理にドラゴンロッドを持たせる必要はない。 ロッドはメガモンスター討伐に役立つ メガモンスターのソロ討伐時には、高いHPを削り切るまでがどうしても長期戦になりがち。 ドラゴンロッドは バイシオンによる火力アップや全体回復とできることが多い。 1人で複数の役割を持てるのは魅力だ。 ドラクエウォークの関連記事 最新おすすめ記事 メガモンスター討伐にギガンテスが追加!弱点や耐性はこちら。

次の

さとりの杖をゲットしたのでひかりのタクトと比較してみた!

ひかり の タクト ドラクエ ウォーク

今作は全体攻撃を持つ敵も多く、全体回復スキルが必要になってきます。 ボス攻略にも重宝しますので是非覚えて役立てて下さい。 最初の内は回復量も少なくそんなに変わらないかもしれませんが、回復量が多くなるにつれてこの特殊効果が真価を発揮してきます。 回復量20の20%はたった4しか上がりませんが、回復量100になると20もアップしますからね。 MP回復をもつので連戦も可能 武器レベルを20にすると 戦闘終了後にMPを10回復を習得します。 また杖の特性で通常攻撃をするとMPを回復します。 これによってMPのもちがよくなりレベル上げやボス戦での連戦がしやすくなります。 ザオラルを習得できる さらにこの武器の利点として、麻痺を直すキアリクや蘇生呪文 ザオラルを習得できます。 どのゲームでも重要な役割を持つ甦生呪文ですが、今作のドラクエでは戦闘でHPが0になっても終了後にはHP1で復活するので有り難みが少ないです。 ただ戦闘中でも確実に生き返らせることができるので、ボスなどの長期戦や死にやすい低レベルのキャラが経験値をもらうために使ったりと役立つ場面はあるでしょう。 また、後々即死攻撃をしてくる敵やボスが出てくることもあるのでタクトを複数持ってゾンビアタック!なんて日が来るかもしれません。 「ドラクエウォーク(DQW)」の回復魔呪文ベホイミを覚えるベホイミスライムのこころSの便利な使い方についてご紹介します。 このこころを装備させることによって戦術にも幅がでるので是非入手してみて下さい。 また火力のあるボスや複数いるボス戦では いやしのかぜ持ちが2人いると安定がとれることがあるので、ひかりのタクトを2本持っている場合でも限界突破せず 複数所持しておくことをオススメします。 限界突破で得られる効果がじゅもんダメージ+5%で回復量と関係がないことも理由の一つです。 最後に このような性能からリセマラランキングでも上位にランクされています。 優秀な武器ですので手に入れた際は是非武器のレベルを上げて使ってみましょう。

次の