黒豆 作り方 圧力 鍋。 黒豆の煮方で圧力鍋での簡単な作り方は?失敗しない方法でやってみた!

黒豆煮を圧力鍋で作るとしわしわになってしまう原因。皮がむけたり固くなってしまう理由とは?

黒豆 作り方 圧力 鍋

「まめに働く」という語呂合わせから「元気に働けますように」との願いが込められている黒豆。 母がストーブの上でことこと黒豆を煮るのが、私の実家ではいつもの年末の光景でした。 しかし我が家にはストーブが無い! かといって普通の鍋でことこと何時間も煮るとガス代がかかりそう。 そんなときに活躍するのが圧力鍋です。 圧力鍋を使えば時短で黒豆を作ることができます。 しかも釘なし・重曹なしでとっても簡単。 実際に失敗しないというレシピで作ってみましたが、甘さひかえめで、ずっと食べ続けられそうな甘さでした。 甘くない黒豆が好きな方はレシピ通りに、甘いのが好きな方は味見をしながら少し砂糖の量を増やすと良いと思います。 それでは実際に圧力鍋で作ってみたときの様子をご覧ください! スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋を使った簡単な作り方 材料• 黒豆 200g• 砂糖 140g• しょうゆ 小さじ2• 水 4カップ 800ml 材料はとってもシンプルです。 豆は新豆が煮えやすく扱いやすいとされています。 私は去年の黒豆が家にあったので使ってみましたが難なく作れました。 豆は乾物なので、1~2年くらい経過していても大抵食べられます。 一体いつの豆か分からない物が出てきたら、試しに何粒か水に浸けてみて下さい。 2日間ほど長めに浸してみて、これでふやけてくれれば使えます。 しかしふやけなければ調理しても煮えないので、もったいないですが廃棄してください。 作り方 1. 黒豆を水で洗い、ざるに上げる 黒豆を洗うとき、特に新豆を使う場合はゴシゴシ洗うと皮が破れてしまいます。 ボウルにたっぷりの水を入れ、ゆっくりとくるくるかき混ぜるようにする。 またはざるの上からそっと水をかけるくらいで大丈夫です。 水と調味料を入れて沸騰させる 黒豆以外の調味料を全て圧力鍋に入れて沸騰させます。 沸騰したら火を止めます。 洗った黒豆を入れて一晩浸けておく 沸騰させた熱い煮汁に黒豆を入れます。 「一晩」はだいたい8時間が目安です。 豆が古い場合は少し長めに浸けても構いません。 一晩浸けておいたら煮汁の色が濃くなって、黒豆っぽくなってきました。 圧力鍋で煮る 圧力鍋のふたをし、強火にかけます。 沸騰しておもりがふれたら弱火にして20分加熱した後、火を止めます。 ワンダーシェフなどの高圧鍋の場合、加熱時間は1分です。 自然冷却 加熱し終わったらそのまま自然冷却させ、煮汁に1日浸けておきます。 これで出来上がりです。 こうして作った黒豆がこちら。 1日煮汁に浸けておいたものです。 しわもなく、破れもせず、ふっくらと出来上がりました! あまりの簡単さにちょっとビックリです。 甘さも控えめで、豆大好きな子供達があっという間にたいらげてしまいました。 スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋で失敗しない方法のポイント 圧力鍋を使って黒豆を作るときに多い失敗が「シワになる」「皮が破れる」というもの。 皮が破れる主な原因は ・豆を戻すときに水で戻した ・煮るときに豆同士がぶつかる といった理由から。 このレシピではたっぷりの煮汁で煮るので、豆が煮汁から出る心配はあまりありません。 また加熱時間をきちんと守れば、豆がぶつかって皮が破れる心配もありません。 圧力鍋で作るときのポイントは ・煮ている最中に鍋のふたを開けない ・加熱時間を守る ・自然冷却の際、完全に冷めるまではふたを開けない です。 気になってどうなっているか見たくなりますが、これらを守れば高確率で失敗は避けられると思います。

次の

黒豆|レシピ|【公式】ゼロ活力なべ・オールパンのアサヒ軽金属工業

黒豆 作り方 圧力 鍋

黒豆の煮方ってレシピサイトで紹介されている方法は 事前に豆を 一晩水に浸す 圧力鍋が必要 鉄くぎや重曹・アクとりが必要 って書いてあって 面倒 くさい。。。 って思ってませんか? さらに。。 途中でアクとりしなきゃいけない? クックパッド先生は3、4時間も煮るっていってる。。 ただでさえ忙しい年末に そんなこと、やってられな~いっ! って思って、 もし黒豆作りあきらめようとしてるなら。。 大丈夫です!!!!! この記事のレシピで筆者は 30分の時短で 水戻し 圧力鍋 鉄くぎ・ 重曹・ アクとり 全てなし!!で 毎年、美味しい黒豆を簡単に作っています。 市販品は甘いし、添加物も心配です。 ぜひ今年のおせちに「手づくり黒豆」挑戦してみて下さい。 2)強火にして煮立てます。 沸騰してきたら アクを一度だけ取りますが、後は蓋をして超弱火にしてふきこぼれないように注意。 (私は子どもが小さかった時のブランケットを使ってます。 もし無かったら、大きめのカゴ(ランドリーBOXとか)に毛布やフリース、タオルを敷き詰めて包んでもOK。 段ボールや発砲スチロールの蓋(無かったら新聞紙丸めて押し込むとか、フリースの上着を掛けておくとか。。 )をするとなおGOOD!! つまり、保温しておくという事です。 この日はこれでオ・シ・マ・イ。 6)翌日、蓋を取って味見してみて!ほぼ煮えています(ニンマリ) あとは最初強火で、沸騰したら蓋を取って中火で 15分くらい焚きます。 煮立てて、煮汁を濃くする感じで! アクが気になれば取り除いてもらって良いですが、私はほっときます。 これで出来上がり!!!! この後も蓋をしたままで冷めるまで待っていると、さらに柔らかく、味が染みますよ。 私は硬めで薄味が好きなのですが、柔らかくて、もっと味が濃い方が好きって場合は、2日目に長めの30分くらい煮ながら、味見しながら 砂糖・濃口しょうゆ・ 塩を追加して、お好みの味付けに調整して下さい。 長時間煮込むと、煮詰まって豆が煮汁から顔を出しやすくなります。 また差し水をすると温度が急に下がるので、その温度差が皮にシワがよる原因です。 ご紹介した煮方なら15分づつ合計30分しか煮込まないので、お豆がいつも煮汁に浸かってます。 それに煮詰まらないので、水を足さないのは味が変わらず安定してますので、初心者の方にはうれしいですね。 我が家は毎回、つやつやピカピカに出来上がって、失敗無しです。 スポンサーリンク 時短レシピには「錆びた鉄くぎ・重曹」必要ありません 「錆びた鉄くぎ、重曹」どちらも私は準備するのが面倒&気が進まないので入れません。 錆びた鉄くぎを入れると、真っ黒の綺麗な黒豆になると多くのレシピ本に書かれています。 なぜなら。。 黒豆のあの独特の黒い色は、ナスの紫色と同じ「アントシアニン系色素」と呼ばれる物質で、このアントシアニン系色素は非常に不安定。 すぐ退色(つまり色抜け)するのですが、金属イオン(鉄くぎ)があると化学的に安定して色抜けしない。 という理由だそうですが、入れなくてもこの時短レシピで作れば、家庭で食べるには十分な黒々としたきれいな黒豆に仕上がります。 長時間煮ないので、色抜けしにくいんだと思いますよ~。 そもそも、錆びた鉄くぎを食べ物に入れるってなんか気が進まないですよね。 入れなくても全く問題無いです。 気にしないでOK。 重曹は別名ベーキングパウダーです。 昔は小さい娘とのおやつ作りのために常備してましたが、今は手元に無いのでワザワザ買ってまで入れません。 重曹を入れると古い豆でも柔らかに煮えると書いてある料理の本を持っています。 でも、いつも新しい豆を買ってくるし、我が家は入れなくても十分にふっくら美味しい黒豆になりますので、これも気にしなくてOKです。 錆びた鉄くぎを入れる理由? これは個人差があるのでなんとも言えませんが、お料理屋さんでお出しするなら必要かもしれませんが、家庭で作るなら気にする事は無いと思います。 煮汁にはたっぷり黒豆の栄養豊富な成分が溶け出してるので、煮汁も含めてまるごといただくのがお薦めです。 ちなみに黒豆の日持ちってどれくらい? 黒豆作り過ぎちゃった!という時はこちらの記事でご紹介しています。

次の

【圧力鍋レシピ】黒豆の煮物は加圧10分で作れるよ

黒豆 作り方 圧力 鍋

「まめに働く」という語呂合わせから「元気に働けますように」との願いが込められている黒豆。 母がストーブの上でことこと黒豆を煮るのが、私の実家ではいつもの年末の光景でした。 しかし我が家にはストーブが無い! かといって普通の鍋でことこと何時間も煮るとガス代がかかりそう。 そんなときに活躍するのが圧力鍋です。 圧力鍋を使えば時短で黒豆を作ることができます。 しかも釘なし・重曹なしでとっても簡単。 実際に失敗しないというレシピで作ってみましたが、甘さひかえめで、ずっと食べ続けられそうな甘さでした。 甘くない黒豆が好きな方はレシピ通りに、甘いのが好きな方は味見をしながら少し砂糖の量を増やすと良いと思います。 それでは実際に圧力鍋で作ってみたときの様子をご覧ください! スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋を使った簡単な作り方 材料• 黒豆 200g• 砂糖 140g• しょうゆ 小さじ2• 水 4カップ 800ml 材料はとってもシンプルです。 豆は新豆が煮えやすく扱いやすいとされています。 私は去年の黒豆が家にあったので使ってみましたが難なく作れました。 豆は乾物なので、1~2年くらい経過していても大抵食べられます。 一体いつの豆か分からない物が出てきたら、試しに何粒か水に浸けてみて下さい。 2日間ほど長めに浸してみて、これでふやけてくれれば使えます。 しかしふやけなければ調理しても煮えないので、もったいないですが廃棄してください。 作り方 1. 黒豆を水で洗い、ざるに上げる 黒豆を洗うとき、特に新豆を使う場合はゴシゴシ洗うと皮が破れてしまいます。 ボウルにたっぷりの水を入れ、ゆっくりとくるくるかき混ぜるようにする。 またはざるの上からそっと水をかけるくらいで大丈夫です。 水と調味料を入れて沸騰させる 黒豆以外の調味料を全て圧力鍋に入れて沸騰させます。 沸騰したら火を止めます。 洗った黒豆を入れて一晩浸けておく 沸騰させた熱い煮汁に黒豆を入れます。 「一晩」はだいたい8時間が目安です。 豆が古い場合は少し長めに浸けても構いません。 一晩浸けておいたら煮汁の色が濃くなって、黒豆っぽくなってきました。 圧力鍋で煮る 圧力鍋のふたをし、強火にかけます。 沸騰しておもりがふれたら弱火にして20分加熱した後、火を止めます。 ワンダーシェフなどの高圧鍋の場合、加熱時間は1分です。 自然冷却 加熱し終わったらそのまま自然冷却させ、煮汁に1日浸けておきます。 これで出来上がりです。 こうして作った黒豆がこちら。 1日煮汁に浸けておいたものです。 しわもなく、破れもせず、ふっくらと出来上がりました! あまりの簡単さにちょっとビックリです。 甘さも控えめで、豆大好きな子供達があっという間にたいらげてしまいました。 スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋で失敗しない方法のポイント 圧力鍋を使って黒豆を作るときに多い失敗が「シワになる」「皮が破れる」というもの。 皮が破れる主な原因は ・豆を戻すときに水で戻した ・煮るときに豆同士がぶつかる といった理由から。 このレシピではたっぷりの煮汁で煮るので、豆が煮汁から出る心配はあまりありません。 また加熱時間をきちんと守れば、豆がぶつかって皮が破れる心配もありません。 圧力鍋で作るときのポイントは ・煮ている最中に鍋のふたを開けない ・加熱時間を守る ・自然冷却の際、完全に冷めるまではふたを開けない です。 気になってどうなっているか見たくなりますが、これらを守れば高確率で失敗は避けられると思います。

次の